TOP > 歴史・地理 > 伝承「地名開戸の由来」 ≪ 伝承「栃沢 地名開戸の由来」 ≫
 栃沢の小字は百余りを数えられています。
 その内で開戸と云う地名が、向カイト、上カイト、西カイトの三カ所ございます。古い昔の謂われなど、くわしい事は判りませんが、とにかく冬の日当たりも良く、飲料水にも恵まれた位置で、ある処から開拓が始まり、各開戸を中心にして、だんだん四方に住まいが出来、栃沢開発の起点になった事から、向カイト、上カイト、西カイトと云う地名が出来たと伝えられています。(栃沢 内野志か江)

<栃沢 西カイト付近>  
引用:「ふる里わら科八社~第一集~」(大川寿大学講座受講生一同・静岡市中央公民館大川分館、1980)