TOP > 歴史・地理 > 伝承「女杉と池の段」 ≪ 伝承「女杉と池の段」 ≫
 
 静岡市八草より少し登った所に女杉と言う地名のところがあり、また八草より少し南の方へ登っていくと、池の段と言う所があります。その池の段と女杉とは、いっしょの話で、女杉は大木で、中が穴なので、中に女の大蛇が住んでおったそうです。そして池に行ったり、来たりで居り、時々、女杉の近所では、女に化けて、はたを織ったりして暮らして居たそうです。
 
其のうち大暴風雨がやって来て、住んで居た、大木は倒れ、意見水はあふれ出るし、又、女が池で洗濯をしたと言うお話もあります。その太蛇は住んで居るのに困り、下川根町家山と言う所の野守の池へ、逃げて行ったと言うお話です。それから女の太蛇が住んでいた杉なので女杉、また太蛇が住んでいた池を池の段という地名になって居るという昔からのお話です。
(大川井かや)

歴史的由緒のある八草は、現在人の住まない廃村です
  
引用:「ふる里わら科八社~第一集~」(大川寿大学.静岡市中央公民館大川分館.昭和55年)