聖一国師(圓爾弁円えんにべんねん)は、建仁2年(1202年)の10月15日に、奥藁科・栃沢の米沢家に生まれました。5才の時に、久能寺(今の久能山)の堯弁きょうべん法師のもとに弟子入りをした後、さらに奈良や京都で学び、嘉禎かてい元年(1235年)4月には、宋の国(現在の中国)に渡って、7年間修行をしました。帰国後は、関白藤原家に招かれて京都に臨済宗のお寺・東福寺を開山。宋の国からたくさんの文化を持ち帰り、偉業を遺して弘安3年(1280年)の10月17日に、79才の高齢で亡くなり、花園天皇から、日本の僧侶として初めての「国師」の号を贈られました。

宋からお茶の種子を持ち帰り、これを足久保に植えたのが静岡茶のはじまりと言われています。その他にも、織物や陶器、医薬の製法及び食料、そば等の栽培も奨励し、まさに郷土の生んだ大偉人と言えます。