【 杉・檜 】
【檜】
 ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹で、人工林として多く植栽されています。日本と台湾にのみ分布しており、日本では本州中部(福島県)から九州まで分布しています。特有の香りと光沢があり加工性も良く、建築材として幅広く使われています。
 写真は楢尾の檜林です。
【杉】
 ヒノキ科の針葉樹で、屋久島から東北地方まで分布している日本の固有種です。ヒノキとともに各地で植栽されていて、日本全国面積の12%を占めます。加工性がよく、建築材として幅広く使われています。
 写真は楢尾の杉林です。