TOP > 歴史・地理 > 「月見・盗人晩」 ≪ 伝統行事「月見・盗人晩」 ≫
 旧暦八月十五日の仲秋の名月に月見をする。縁側にテーブルをなどを置いて、薄や萩を飾り、供え物として枝豆、里芋、サツマイモ、甘柿、ヘソモチ、酒などを備える。このうちヘソモチというのは、米の粉で作った大小の丸団子を重ねたものである。これを生のまま供え、翌日茹でて食べる。月見に供えるヘソモチという呼称は、県下中西部に広く見られる。ただし、他の地域では丸く平たい団子の中央部を指でへこませて作るのが一般的である。
 月見は旧暦九月十三日にも行う。同じようにヘソモチなどを作って供えるというが、この日をヌスットバン(盗人晩)と称し、かつては子どもたちが各戸の供え物を盗んで回った。「月の出ている時には、盗ってきて良い」などと言われ、供え物が盗まれても怒る人はいなかった。
 『ふる里わら科八社 第三集』には、月見の供え物だけでなく甘柿や梨なども取って回ったが、取ったものはその夜のうちに必ず食べつくさなければならなかったと記されている。
 こうした風習もかつては各地で見られたが、盗むことを戒めるどころか、むしろ知らぬうちに供え物が無くなることを縁起の良いことと解していたようである。
 なお日向では月見に供えた枝豆の殻を乾燥させて保管しておき、翌年の元旦に焚き付けとして利用するという風習がある。

<十三夜に供え物をまわる盗人晩>
引用:『日向の七草祭』(静岡市教育委員会.平成18年)