【 藁科川 】

 流域の自然&文化を育み、瀬を流れる水がきらめく人懐っこい川
 藁科川(わらしながわ)

 藁科川は、静岡県静岡市葵区の西部の七ツ峰(標高1,533m)に源を発し、八幡で支川・黒俣川をあわせ、新間、羽鳥地区を抜け、静岡市葵区山崎にて本川・安倍川と合流し駿河湾に注ぐ、流路延長29.2kmの一級河川です。

 流域面積は176㎢で、流域人口は約3万人(平成21年9月現在30,416人)。水質も良好で昭和61(1986)年には、当時の建設省が実施した水質調査で、全国で最もきれいな川に選出されました。

 流域の中央部には、藁科川沿いに、かつて藁科街道と呼ばれた国道362号線が川根方面に向けて通じ、深い山あいの源流部には「福養の滝」や「湯ノ島温泉」といった観光名所、上流部の集落には、日向・清沢地区のお神楽や平家の落人伝説といった伝統芸能や数多くの民話が残っています。

 また中流部には、シーズンなるとアユを狙う釣り人や川遊びする家族連れで河原はにぎわい、下流部には
枕草子で歌われた「木枯らしの森」や大伽藍の往時をしのぶ「建穂寺」など、流域全体として自然環境や歴史・文化的遺産に恵まれている河川です。



藁科川上流部・日向付近

藁科川中流部・大原付近